中国茶自体の歴史は数千年を経ていると言われているほど、
きな粉の原料である大豆は、中国東北地方が原産地とされて
います。また、日本では縄文時代から栽培されていたと言わ
れています。その後、19世紀にアメリカでも栽培されるよう
になりました。現在、大豆の主要生産国はアメリカ、ブラジ
ル、中国、アルゼンチンの4カ国で、全世界の90%程度の
量を生産しています。日本では、豆腐、納豆等の大豆を原料
とした食品が多い世界有数の大豆消費国である為、国内での
生産では供給が間に合わず、主要生産国からの輸入に頼って
いるのが現状です。

一般的には、アメリカ産の大豆は油脂分が多いので製油用に
適しており、きな粉にはタンパク質が多い中国産、国内産の
大豆が適しているとされています。

大豆は、「畑の肉」という別称があるほどに鉄分、カルシウ
ム、ビタミンB群、ビタミンE、蛋白質、繊維、レシチン、イ
ソフラボン等の栄養成分を豊富に含んでいる食品です。主な
栄養素の効能をご紹介します。

鉄分…貧血を防ぎます。

カルシウム…イライラを鎮め、精神を安定させます。また、
骨格を丈夫にします。

イソフラボン…体内のカルシウムが溶出するのを抑制します。

レシチン…血管を丈夫にしてくれます。記憶力も向上させます。

繊 維…腸の中を掃除してくれます。

必須脂肪酸(リノール酸、リノレン酸)…コレステロールを
除き、血流を良くします。

数々の大豆食品の中でもきな粉は大豆だけを原料としている
ので、大豆が持つ様々な栄養成分を吸収がしやすい食品とし
て注目を集めています。また、粉という性質上、料理に加え
たりする方法で手軽に摂取できるという利便性も魅力です。
(料理にも香ばしさやコクが出るという利点もあります。)
大豆は、遺伝子組み替え食品(アメリカ産OEM)の話題でも
注目を集めていますが、弊社のきな粉製品の原料は中国産、
国内産いずれかの大豆を使用しているため、遺伝子組み替え
食品は使用しておりません。