元来「片栗粉」とは、山野に自然に生えている片栗の花の根か
ら採った澱粉の商品名でした。しかし、人工栽培はされていな
かった為に大正時代には生産が行なわれなくなってしまいました。

大正末期から昭和に掛けて、性質や粒子の形状、用途が似ている
北海道産馬鈴薯澱粉がその代替品として市場に出回るようになっ
て現在に至っています。