ユウガオ(ウリ科)の白色果肉部分を乾燥して作ります。収
穫は、ほぼ7月から8月にかけて行なわれます。栃木県、茨城
県が特産地として有名です。

ユウガオは、5月上旬頃に苗を植えます。気温が高く、適度な
降水量があれば、7月中旬には一番玉が採れ、8月から9月迄
に2〜3回の収穫があります。

収穫されたユウガオは、白色果肉部分を玉剥き機に掛けて動力
で回転させます。そこに刃を当てて、細長く剥くようにして切
っていきます。これを竿に掛けて、天日で4〜5時間乾燥させ
ます。この時点で雨に降られたり、天気が悪くて1日で乾燥が
終わらないと腐敗をする原因になってしまいます。そのような
場合は、亜硫酸ガスを発生させて薫蒸して腐敗を防止する工程
を通常より多く行っております。